【FX】トランプ氏が大統領へ

今年、最大となるであろうイベント、
米国大統領選挙の結果が判明しました。

ご存知の通り、トランプ氏の勝利となりました。

大接戦の末の勝利ですが、大逆転と言って
いい勝利だったと思います。

トランプ氏が勝つと“ホンキ”で思っていた人は、
ほとんどいなかったのではないかなぁと
(米国人を除いて)思います。

うーん、結果として先週、何かの意図が
あるとしか思えないタイミングでの、
いわゆる「私的メール問題」がクリントン氏に
とっては致命的なダメージとなったように
思います…後味の悪さが残りますね。

個人的な思い(願望?)としては、
「女性である」という一点でクリントン候補に
初の女性大統領となって欲しかったなぁ…

という思いがあったので、残念でした。

現大統領のオバマ氏が米国史上初めて、
黒人(非白人)の大統領として就任して、
次は初の女性でいいじゃないかと。

アメリカが、世界の根元にある価値観が
変わるきっかけになるんじゃないかと。
ちょっと思ったのですよね。

それに、ヒラリー・クリントン氏は、
「女性」を売りにしている政治家ではないですし、
その点、良くも悪くもその意味で偏った期待を
背負っているわけではない分、いいのかなと。

まぁその性別を超えた「老練な政治家」としての
イメージが「変革」を好む、国民に受けなかった
理由の一つなのだと思いますけど。

結果論としては、もっと「女性初」を前面に
出した方がよかったのかも…とも。

はい、完全なる独り言ですけど(^_^;)



さて、さらに注目のトランプ氏、
次期米国大統領ですけど…

過去の、そして最近のもですけど、
数々の放言から、特に米国外での評判は
周知のとおり、すこぶる悪いです。

でも、自分は有能な人だと思っています。

少なくとも懸念されているような“常識外れ”や
“オールド・アメリカンな差別主義者”ではない
と思っています。

数々の失敗を乗り越えて、成功を掴んだ事業者で
合理的な発想と素直で率直な性格の持ち主なんだ
ろうと認識しています(…違ったらスマヌ=3)。

選挙戦中に、特に安全保障などの分野で、
不安な発言も多かったと思いますが、
実際に職務につけば、最も合理的な判断を
する、その方向へ傾斜すると思います。

もしかしたら、現状でのアメリカ軍の世界に
おける展開のあり方(プレゼンス)については、
多少の変化は生じると思います。

ただ、世界における覇権を軍事的な側面からも、
アメリカが保持し続けるということについては、
譲らないと思います。なぜなら、それが米国に
とっての間違いのない利益だからです。

一時的な発言での何やかんやはあると思いますが、
利に敏いトランプ氏なので、むしろアメリカの
世界に対する束縛は強くなる(ハードではなく、
ソフトがより重視されるかも)こともあるかも…
って思います。

いずれにしても、興味深いですし、
一挙手一投足に注目が集まると思います。

ま、それがアメリカの望むことだと思います。



さて、翻って日本。

日米関係については、そんなに心配することは
ないかなと思います。よっぽどのヘタをこかない
限り、同盟関係が崩れることはないと思います。

日米同盟は基本的に、アメリカの利にかなう
ものだからです。対日本っていうより、
アメリカの世界戦略のなかでも、重要な
同盟関係だと思うからです。

色々放言はあっても、トランプ氏がそこに
気づかないってことはないと思います。

「日本を無視して、中国に寄る」みたいのも、
杞憂に過ぎないと思います。

もちろん日米との関係において、中国の
存在は無視できるものではないですけど…

対中国に対しては、対中国で考える人だと
思います(←自分の予想デス,けどね)。

対中国で日本と連携することはあれば、
それはそれとして日本と連絡を
密にすることになるのかなと。

日本に対しても、対日本というスタンスで、
どういうパートナーでいるのか…

ってことで、話になっていくと思います。



それと、これは自分の偏向した予想ですけど…

トランプ氏は中国との外交をするにあたって、
していくうちに不信感(下手したら嫌悪感)を
抱くようになるかなぁと。

信頼できるビジネス・パートナーではない、
と判断する可能性があったりするかなと。

利に敏い人だと思うからです。



日本として、大事なのはトランプ氏と
なるべく濃密な信頼関係を築くことだと
思います(当たり前ですけど)。

人的なパイプも少ないようですし、
まずはこれを強固にすることが大事かと。



少なくとも日本として、良いのは
安倍首相ならかうんたー・パートナーとして、
無難に対処するだろうということ。

個人的には馴染めない安倍首相ですが、
老練さを有した政治家だと思います。

トランプ氏に対しても、是々非々な対応で
望むと思いますし、トランプ氏による
想定外なことが生じても、一呼吸おいての
大人な対応なり、外交ができる首相だと
思います。その辺は安心できるかなと。

日本にとって政治上のリスクは、閣僚や
与党の政治家がトランプ氏を軽んじるような
発言をする場合だと思います。

小馬鹿にするような発言が何かのタイミングで
でてくることが一番のリスクかなと。

当然、トランプ氏やトランプ氏を大統領に
選んだ米国の心証を害しますし、その辺の
感情がそのまま信頼感に繋がる感じも
するので、危ないかなぁと。

特に、今の安倍政権や与党には、おごっている
雰囲気が色濃いので…リスク高いように思います。



うーん、そして金融市場、FX市場についてですが…

長くなってしまたので、また次回に。



とりあえず、新しい決断をした米国です。
そのこれからが、また興味深いです。

「なんか、すごいなぁ」と改めて、思いました。



…φ(._. ;)…

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告