【FX】先週から今週

先週中ほどから末にかけて、
市場に安堵感が広がりました。

何となくの楽観論が広がった
ように思います。

年始以来の中国経済への
不信感のほとぼりが冷めてきた…

原油市場も低空飛行で
安定してきた…

そして、最注目の米雇用計も
強めだった、ということが
後押しをなったようです。

20160308_豪ドル・ドル_日足_1年分相当_スクリーンショット (35)

↑豪ドル・ドルの日足です。

上記ペアの日足、
この1年分くらいですが…

先週は明らかな上昇トレンドでした。

きっかけとして豪GDPの結果に
反応した影響ですが、中国市場などの
下押し要因が一段落したことから、
上抜けたのかなと思います。

かと言って、中国市場の制度や
政治環境が変わったわけではなく、
また、原油市場についても、
低位に慣れてきたというだけの
話かなと。総じて、単に表面化
しいないだけで…

また何かのショックで方向が
変わることもあるかなと
疑っております。

買い一辺倒では追って
いけないなと思う次第です。

日経平均も、何となくの
楽観論に支えらているようです。

20160308_ドル円_時間足_日足_スクリーンショット (36)

↑ドル円、日足&時間足。

「ん?」と思ったのが、
ドル円が上向きトレンドに
なっていないこと。

日々方向性が変わることが多いですが、
おおむね日経平均と日経先物の
値動きに呼応する形で、
日々のドル円相場は変動することが
最近多いですが…

長めに見るとドル高が年始に
進んで以来、現状はそのままの
水準でのレンジ気味ですね。

豪ドル高気味で、米株式市場なども
上向いてきており、リスク・オンへの
流れは多少あるのかなと。

そこはベースにしますが…

あっさりと反転もするかなぁと。

足元は不安定なまま、
だと思っているので。



具体的に何かが変わった
わけではないんで。



今週も頑張ります。

…φ(._. ;)…

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告