【飯ログ】今日の一杯~『めんめゆ かめぞう』

2017.05.16.お昼過ぎ @水道橋



暖かさがいいなぁという時期から、
「暑さ」を感じる日も多くなってきました。

真夏はもっと暑くなるのは分かっているものの、
この時期の「暑さ」は特有のシンドさがありますね。

“雨ニモ負ケズ,暑サニモ負ケズ”

ということで、今日も「かめぞう」へ。

何度か、記事でも触れてますが、
「かめぞう」の店内はしっかりと冷房が効いているので、
むしろ、暑い時期になると快適な?状況になります。

カウンター内、調理場の方が寸胴などの熱の影響で、
5度からそれ以上に温度が高くなるらしく…

しっかりと空調は利かせているようです。

てか、それをしないとおじさんの生命にかかわる…

って感じみたいです(^^;
「こっち(厨房)、暑いんだよー」ということです。

ちなみに、空調が弱めの時がたまにあるのですけど、
その時は店内の奥の方に座ると、豚骨特有の「臭い」が
濃厚に漂います…Σ(・ω・ノ)ノ!

濃厚なスープなのに、店内で豚骨臭を嗅ぐことが
少ないなぁと思っていたこともあったのですが…

ちゃんと換気をしているからってことですね。



ちなみに、この豚骨特有の「臭い」。

これが嫌だって人も多いと思いますが、
この「臭い」がするお店は、ちゃんと自分の店舗で
スープをとっているお店だということ…

店内に漂う「臭い」はその“証”だということは、
知っておいていください。

お店、独自のスープであるってこと!!

逆に、最近流行りの“キレイな”お店さんでは、
この臭いが全くしないこともありますが…

そういった店舗では、スープを工場等から運んできて、
店舗では解凍して、もっともらしく寸胴等で
温め直して、提供している…ってことです。

言わば、“ファミレス・ラーメン店”なのです。

…店舗ごとで諸事情あると思いますが、

(絶対!!とは言いません!!自店でスープを徹底的に
煮込みつつも、苦手なお客さんの気持ちを考えて、
徹底的に換気をしっかりして、“臭い”を感じさせない
お店さんもあります。あくまで目安の一つです)

その“臭い”は、そのらーめん店さんのお客さんに対する
誠意の香りだと思いましょう。オリジナルだということです。

なんて。まぁ確実に「臭い」ですけどね…(/・ω・)/



とウンチクを披露したところで、今日の一杯です。

新博多とんこつ、550円。麺かため。
替え玉×1、サービス。かため。



で、まぁね。上の続きで。

じゃ工場で作られて、冷凍されて、店舗で解凍されて…
提供されるラーメンが不味いかっていうと、否で。

むしろ、味はしっかりと作り込まれているし、
安定しているし…美味いんですよね。

確かに、その「店舗」としての個性はないですけど、
その「チェーン」としては、主張が強かったりします。

それだけを理由に「批判」している方もいますが、
それは違うかなと思います。

美味しいかどうかの判断が大事かなと思います。
自分が美味しいと思うかどうか、が大事かなと。



…はい、ちょっと熱くなりました(^^;

その辺の話、また機会があれば(…てか自分次第ですけど)、
別記事として書いてみていいかなと思います。

やたらと「天然」「自然」をありがたがる風潮…

(/・ω・)/



今日は脱線気味ですね。

とりあえず、言えることは!!

「かめぞう」は、めっちゃオリジナルでユニークです。
おじさんの強すぎる個性がにじみ出た一杯♪

10年近く同じ味を提供しているようですが、
実は毎日、細かく調整しているようです。

「今日、スープのコクが何か今イチで…」

って素直に言っちゃう時が憎めない(苦笑)。

ちなみに、この日はカエシを多めにして、
バランスをとっていたようです。



最強に、美味しいらーめんです!!

今日も、満足♪



ご馳走様でした。

麺じゃ。

…φ(._. ;)…

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告